FC2ブログ

神谷日記

津軽三味線奏者・神谷茂良が人生について語ります

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果報告

残念ながら4位でやんした(^^; …
スポンサーサイト

コメント

報告、有難うございました(*^□^*)

師匠私は、4位で嬉しいです
優勝されちゃったら、師匠、忙しくなっちゃって、お稽古して頂けなくなっちゃうしって心配してましたから…
こんな事、言ったら失礼なんでしょうか

音楽は競うものではないですよ。
(他の人を聴いていないけど)私は神谷先生が
一番と思ってます。

お疲れさまでした。

お疲れ様でしたぁ!

私も師匠の演奏&音色が一番好きですからv-238!!
(某ユニットよりもね☆)

お疲れ様でした

先生お疲れ様でした。
次回に向けて歌の練習にJOYJOYへ行きましょう。
是非、ご同行させていただきます。

お疲れさまでした。

予定が合えば、ぜひ伺ってみたい大会でした

今後、ますますのご活躍を楽しみにしています

赤福

うそだ。これは夢だ俺は信じない、信じたくない。
順位のことではありません。
いつもの神谷節が聴けなかったから。
普段の音色が十分出ていなかったから。

審査の先生方の好み、それはそれ。
他の演奏者の目指す方向性。それも関係なし。
普段どおりの演奏で結果はおのずとついてくるはず。
師匠を知らない方々に神谷節を認識していただくまたとない機会でした。

まさか今回で最後とはおっしゃらないでしょうね。
大会の練習は短期間にせよ久々に真剣にされたと思います。
目標を持った練習も刺激があってよかったんじゃないですか。
これはもう一段「田神」ちがった、高みに上がる啓示です。

師匠御自身も我々神谷ファンも皆が納得するまでぜひ続けてください。
赤福・再出発。

進化の合図。

右手を壊して左に転向したこと、
それにまつわる多種多様な不安、
自分の体との折り合いのこと、
弾きたい気持ちと着いてこない体調との狭間で、
萎縮してた私に、
神谷先生は、お話をして下さいました。

ご自身の、今の音にたどり着くまでの道のり。
この先の、まだ見ぬ音にめぐり合う喜び。

軽やかな撥使いに目を奪われていた私。
体がカチコチで、
すぐ手を痛めてしまうことに、落ち込んでいたとき、
先生も、
バイト先で手が震えてコップが持てないほど、
撥を持つ手を酷使した経験があること。
幾度も失敗と発見を繰り返して、
今の自分になったこと。

大会中、
駒が割れたこと、
皮が破れたこと、
突き抜ける勢いが満ちるほど、
壁やらトラブル、色んなものが、どんと来る。

でもそれは、
目指す場所へ到達するための合図。
そのとき、それが起こったのには、
やっぱり意味がある。

巡り合わせで辛い想いの後には、
ステージアップの喜びがあるんだよ☆

さらりと話す先生を前に、
私は先生の音の深さの訳を想っていました。

先生の、
耳に心に響いている、
まだ見ぬ音達。
それを待ち望む人々の元へ、
届けるための合図が、
今、響き渡ったのですね。
進化を続ける神谷先生の音に、
着いていきたいです。

まずはお疲れ様でした!

皆さんも仰ってますが、地元の皆様に
現在の神谷先生の演奏を広く知って頂けた
良いきっかけだったと思います。

神谷先生の演奏は 我々にとって、
『赤福』のように 変わらぬ魅力です。

大会拝見いたしました。
神谷先生の演奏、すごく良かったですから、
4位の結果にはびっくりしました。

印象に残ったのは、日本一大会に出場された
先生方みなさんがすごく緊張されていたこと。
上位に行けば行くほどガチガチでした。
それは音にも現れてしまうほどでした。

ここまでくると、結局は己との闘いになるんですね。
それぞれの人生の重さが、重圧になる。

「一度は登ろうと思った山こ」
登ろうと思ってしまったからには、登頂してほしいです。
登頂までの登山経験が、人生のスパイスになると思いますから。

まずは、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shamiya.blog121.fc2.com/tb.php/29-23780f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

神谷茂良

Author:神谷茂良
「神谷日記」へようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。